子供のために様々なわきが治療に取り組みました

食生活や生活習慣からわきが対策を開始する

わきが治療 子供 | 子供わきが治療

娘が中学生になりわきのにおいに悩むように食生活や生活習慣からわきが対策を開始する最終的にはわきがクリームの使用で安心できるように

また耳あかがどろっとしているという特徴もあり、小学生の時はよく耳掻きをしていたのですが、確かに耳垢は湿り気の強いものでした。
子供が気にしているということで、たとえわきががではなかったとしても何かしらの対策をしなければならないと思いました。
そこでまず最初に始めたことが、肉や油ものをできる限り減らすことです。
これらの食事はわきがの臭いに大きな影響を与えることがわかりました。
その中でも特に肉やカップラーメンなどのインスタント食品は、汗が出る汗腺を強く刺激するということで、においも強くなってしまうということです。
子供の食生活は親の責任でもあるので、親の私がバランスを取らなければならないと感じました。
娘は魚料理も野菜も比較的好きだったので、できるだけ魚や野菜などのメニューを増やすようにしました。
時々食事を作るのが面倒になってファストフードやインスタント食品で済ませてしまうこともあったので、これらもできる限り改善するようにしました。
そしてストレスや考え過ぎもにおいのもとになってしまうということがわかりました。
ストレスや疲労がたまっていると感じた時には、できるだけケアすることを大切にしました。
何か悩みがあるようであれば話を聞いてあげたり、休みの日には二人で外出するなどの時間もとるように心掛けました。