子供のために様々なわきが治療に取り組みました

最終的にはわきがクリームの使用で安心できるように

娘が中学生になりわきのにおいに悩むように食生活や生活習慣からわきが対策を開始する最終的にはわきがクリームの使用で安心できるように

またにおいが気になるからといって汗をかかないようにすることは、悪循環を生みだしてしまうということがわかりました。
日常的に汗をかく習慣がなければ、汗をかいた際にはにおいが強くなってしまうということです。
娘はシャワーで済ませてしまうことが多かったので、毎日浴槽につかり汗や老廃物を排泄できる習慣をつけさせるようにしました。
またそれまでは使うことがあまりなかったのですが、制汗スプレーを携帯させるようにしました。
娘のお気に入りのキャラクターが描いてあるかわいいパッケージのものがあったので、体育の授業が終わった後などに使えるアイテムとして持たせました。

このように自宅でできる限りの治療に取り組んだことで、娘もそれほど気にしなくなりました。
それでも夏の時期には気になるようだったので、最終的にわきがクリームを使用するようにしました。
制汗や消臭の効果があり持続力も非常に高く、何度も使う必要もなく、朝クリームを塗ることでそれが安心材料となり、それ以降気にすることはなくなりました。