子供のために様々なわきが治療に取り組みました

娘が中学生になりわきのにおいに悩むように

娘が中学生になりわきのにおいに悩むように食生活や生活習慣からわきが対策を開始する最終的にはわきがクリームの使用で安心できるように

私には現在18歳になる娘がいます。
この娘が14歳の時にわきがについて非常に悩むようになり、当時自宅でできる様々なわきが治療に取り組んだのを覚えています。
娘が自分の脇がにおうような気がすると私に悩みを打ち明けてきたのが、14歳の時でした。
私はそれほど気にすることはなかったのですが、とても仲の良い友達と一緒に遊んでいるときに、何気なくその友達が発した言葉を非常に気にしているようでした。
私はその当時わきがについて何の知識もなかったので、いろいろと本やインターネットで調べてみました。
すると確かににおいが強く出る平均年齢は女性が16歳となっていて、わが家の娘もこの年齢に近いことがわかりました。

子供のワキガが気になるお母さんへ。
性ホルモンの影響で8歳ころから発症する子がいます。
電気凝固法で切らなくてもケアできます。
https://t.co/OIVgWkS8tv

— hinata (@hinata32492330) April 15, 2020
またホルモンが大きく影響していることもあり、生理が始まるとにおいが強くなるという傾向にもあるようでした。
娘は13歳の時に生理が始まったので、これについても該当していることがわかります。
調べていくうちにチェックポイントと呼ばれるものがあったので、それをチェックしてみることにしました。
その一つ目がシャツが黄ばみやすいという点です。
新しいシャツではそれほど気にならないと思ったので、娘が気に入っている白いTシャツを見てみたところ、確かによく見るとうっすら脇のところが黄ばんでいるように思いました。